フリープレス  HOME > キリスト教・宗教書4 連絡先
株式会社フリープレス 問い合わせ プライバシー・ポリシー サイト・マップ リンク
HOME 書籍 キリスト教・宗教書 医学・健康書 一般教養書 CD・その他 ご購入に関して 自費出版 巡礼催行 会社概要
キリスト教・宗教書 >1 >2 >3 >4 >5 >6
ピオ神父と守護の天使

ピオ神父と守護の天使

(在庫なし)

著者:アレッシオ・パレンテ
翻訳:甲斐 睦興
ISBN:4-7952-3050-1
新書:202p  サイズ:18cm
発行年月:2000年7月 第2版:2001年11月
価格:1,000円(税別)

 
 1887年5月、この世に生を受け、16歳にしてカプチン会に入った、もの静かな男。23歳から31歳にかけ、彼の身体に一時的聖痕が現われ、1918年9月、それは誰の目にも明らかな可視的聖痕となった。68年9月、彼は静かに生涯を閉じ、教皇庁は列福調査を開始。本書は、寡黙な司祭と天使たちの、美しい交流の記録である。

【目次】「私の幼少時の同伴者」/「天使が笑う!」/多国語を話す天使/悪魔の妨害/良き叱責/時間厳守の天使/しつこい天使/何でも屋の天使/地球を踏破する天使/収容所の中で/天国の郵便屋/天使の行列・・・ほか
【訳者略歴】甲斐 睦興(かい むつおき)
  1936年、熊本県生まれ。60年、慶大医学部卒業。66年、英国バーミンガムで生化学博士号を受ける。67年、米国に移住。70〜75年、精神科一般訓練と児童精神科訓練(レジデント)を受ける。75年〜79年、ニューヨーク州で開業。79年、ハワイ州に移住。精神科開業。

【愛読者カードより】
◆32歳・男性/ピオ神父様の聖徳をつむ、素晴らしい生き方に感動しました。僕は障害者です。ピオ神父様は心の支えになってもらっています。
◆43歳・女性/「守護の天使」は知ってはいたが、この本を読んで親しみを感じた。
◆52歳・女性/ピオ神父様の日常の出来事がよく書かれていたのでとても良かったです。
◆39歳・男性/聖ピオ神父様についての本が非常に少ないので、聖人伝として、霊的書物として、読ませていただきました。
◆52歳・女性/以前からピオ神父のことを知りたいと思っていましたので、大変うれしかったです。
◆85歳・女性/毎日、天使に祈って居りますので、知識と確信をいただけて、ありがたいと思いました。
◆72歳・女性/ピオ神父様と天使とのまじわりの様子、そして精霊のすばらしさ、ほんとうに天使はおられます。まるで天国をかいま見ておられるようで、とりなしのすばらしさを感じました。
◆70歳・女性/ピオ神父様の霊性がすばらしいと思いました。祈る事を教えて下さいました。ピオ神父様、様です。ピオ神父様の生涯の本を読みました。
◆45歳・女性/すばらしいの一言です。おかげで私が信仰について、つまづくことがないでしょう。
◆37歳・男性/感激しました。

この本と同じテーマの本>>「聖フォアの小さな物語」

新・カトリックと日本人

新・カトリックと
日本人

 

著者:坂本 尭
ISBN:4-434-01036-0
:単行本(ソフトカバー)222p サイズ:19cm
発行年月:2001年5月
価格:1,333円(税別)

購入数
キリスト教とは何か、キリスト教徒は何を信じているのか。教義、構造、歴史がよく解る1冊。

【目次】 カトリックとは何か/ 現代のカトリック/ 日本のカトリック/ カトリックと現代/ 新しい未来のために/対談 日本カトリック界の治療方法(遠藤周作VS坂本 尭)

【著者略歴】坂本 尭(さかもと たかし)
1927年兵庫県生まれ。上智大学文学部哲学科卒業、同大学院修了。59年〜68年、西ドイツを中心としてヨーロッパ各地に留学。国立ケルン大学哲学博士、Ph.D取得。上智大学文学部助教授、独協医科大学教授を経て、現在聖マリアンナ医科大学名誉教授。

【愛読者カードより】
◆78歳・男性/日本のカトリックの今後、どう考えたらよいのか、大きな示唆をいただきました。

60歳から始める真理探し

60歳から始める真理探し

 

著者:長島総一郎
ISBN:4978-4-434-15135-4
:単行本256p サイズ: 18.7cm
発行年月:2010年12月
価格:1200円(税別)

購入数

振り返れば、まだ道半ば!キリストと出会う旅に出かけよう

【目次】人生の大疑問に挑戦/宇宙と人類/神人キリスト/真理を悟って希望をつなぐ

【著者略歴】1926年生まれ、日本生産性本部認定コンサルタント 経営コンサルタントとして過去50年間で500社以上指導  実践社長塾塾長として976人の人材を育成   ポーランド、ハンガリーにて80数回の経営セミナー指導 国立ワルシャワ経済大学にて経済学博士号取得 広島都市学園大学客員教授 在世フランシスコ会会員 1男5女の父
 

   
東西の霊性、心の旅路

東西の霊性、心の旅路
日本人とイエスをつなぐ「いのちの深層」

著者:大橋寛子
ISBN:4978-4-434-14254-3
単行本:176p サイズ: 18.8cm
発行年月:2010年2月
価格:1000円(税別)

購入数

キリスト教の東洋的展開に一石を投じる刮目も一冊!! 敬虔な仏教徒を両親にもち東洋的な宗教心を育んだ主婦は、いつイエスに出会い、どう導かれて「渇き」を癒す“旅路”を辿ったのか。「いのちの源泉」を尋ね当てたいま、隣人に辿った旅路を語らずにはいられない――

【目次】主に導かれて/こころを無にして読みたい聖書「観想」と「ミサ」の魅力/キリスト教の日本的展開

【著者紹介】大橋寛子1934年、長野県長野市生まれ。日本女子大学家政学部食物学科卒。料理、園芸、インテリア、服飾デザイン、車の運転が好きな専業主婦。カトリック東京大司教区関口教会所属。典礼部聖歌隊と先唱者。生活信条は「思案しつつ、暮らしの中で祈りつつ。よく見る、よく聴く、よくする」。


日本の進路

日本の進路
キリスト者の選択

著者:酒井 新二
ISBN:4-901579-17-7
単行本 :350p サイズ:19 cm
発行年月:2002年8月 第2版:2002年10月
価格:1,700 円(税別)

購入数
 ――緒方直子氏絶賛。「本書は、マルチラテラル時代の国際社会に責任を負う私たちに、豊かな示唆を与える。」(推薦の言葉より)。昭和の日本がなぜあのような愚かな戦争を犯したのか。この問いを胸に戦後を生きてきた著者が、日本の戦後政治の混迷の深さを見つめ、グローバル時代の国際社会に責任を負うわれわれのゆくべき道を示唆する。

【目次】テロと報復の連鎖を断つために/わが国の安全保障体制と米戦略/「新・国家主義」の挑戦への対応/「象徴天皇制」を検討する/混沌の時代―キリスト者の選択
【著者略歴】酒井 新二(さかい しんじ)
 1920年東京生まれ。42年に東京大学法学部政治学科卒業後、海軍短現主計科士官として太平洋戦争に参加。47年、共同通信社に入社。政治部長、パリ支局長を経て編集局長、専務理事を歴任後85年、同社社長。社長在任時、日本記者クラブ理事長を努める。94年、同社顧問。以後広範囲なフィールドにわたりジャーナリストとして健筆を振るっている。86年にフランス国家功労勲章「オフィシエ章」を受章。現在、カトリック社会問題研究所幹事

 <<前のページへ  >>次のページへ   ▲このページのトップへ戻る
コピーライト