フリープレス  HOME > キリスト教・宗教書6 連絡先
株式会社フリープレス 問い合わせ プライバシー・ポリシー サイト・マップ リンク
HOME 書籍 キリスト教・宗教書 医学・健康書 一般教養書 CD・その他 ご購入に関して 自費出版 巡礼催行 会社概要
キリスト教・宗教書 >1 >2 >3 >4 >5 >6
共に生きる世紀への道標

共に生きる世紀への道標
社会問題を考える視点

(在庫なし)

著者:桝谷 廣
ISBN:4-7952-3029-9
単行本:267p  サイズ:19×13cm
発行年月:1996年4月
価格:1,426円(税込)

 
 戦後50年を警察行政の頂点で献身した官僚が回心への遍歴を語り、社会問題への視点を穿つ! 戦前・戦後を貫くタテ社会、ムラ社会型ニッポンの特異な構造。それがもたらす諸問題に焦点を当て、各分野の先達の卓見に耳を傾けつつ、「共同善」確立までの手順を示し、具体例についてアプローチ法と解決策を教える。若い世代に読んでほしい、社会について考えるときの参考書。カトリック社会における「自然法」のような表現が日本の社会では必ずしもなじみのある表現とはいえない。それらを理解しやすく紹介していくことで、人々と共に生きていく道の探求に、そして真の希望の中に歩むことを期待する。

【目次】 基準としての人権と共同善/共同善にかなうプロセス/みことばに生かされる/いま問われていること/終章―時の流れに
【著者略歴】桝谷 廣(ますたに ひろし)
 1921年、山口県下関市生まれ。43年、東京(帝国)大学法学部法律学科卒業。45年、内務省に入り、48年以降警察行政の分野で働く。同年司法官試補弁護士試補銓衡合格。48年、カトリック入信。54年、警察大学校教授(〜58年)。62年、青森県警察本部長。65年、神奈川県警察本部警務部長。67年、関東管区警察大学長。70年、北海道警察本部長。73年、退官。日新火災海上保険株式会社相談役。93年、株式会社東洋実業副会長。著書等に「警察行政法概説」(共著)「遺失物法開設」(共著)「法学概説」(警察教科書)「愛はみちびく」(77年、桝谷文子と共著)がある。2002年12月帰天。 

ヨハネ・パウロ二世日本の四日間
ヨハネ・パウロ二世
日本の四日間

著者:山内 継祐
ISBN:4-434-06160-7
単行本:255 p サイズ:19cm
発行年月: 2005年 06月
価格: ¥2,000 (税別)

購入数
史上初のローマ法王訪日はいかに計画され実現したか。公式記録編集長が今明かすその舞台裏と秘話の数々!

【目次】 教皇ヨハネ・パウロ二世誕生のあとさき/訪日実現までの舞台裏/東京 1981年2月23日(月曜日)/東京 81年2月24日(火曜日)/東京・広島・長崎 81年2月25日(水曜日)/長崎 81年2月25日(木曜日)/教皇訪日エピソード
【著者略歴】山内 継祐(やまうち けいすけ)
 1942年8月、熊本県生まれ。中央大学卒業後、主婦の友社第一編集局を経て、講談社「週刊現代」記者。三億円事件、東大闘争、日大闘争、三島事件、三里塚闘争、連合赤軍事件などの取材に従事。
 70年、月刊誌「カトリックグラフ」創刊に伴い同誌編集。同誌独立により(株)コルベ出版社代表取締役主幹となり、教界ウォッチャーとして取材執筆活動に従事。75年以来今日までバチカン担当記者。81年の教皇来日時には「公式記録」編集長として取材・執筆・制作の前線指揮に当たった。(株)フリープレス代表取締役。
【愛読者カードより】
◆77歳・女性/パパ様が日本に来られるまでにここまで大変だったとは思いませんでした。ご苦労や裏話などを楽しく読ませていただきました。
◆43歳・女性/憧れのパウロ二世を幼い頃、テレビで見たことを思い出しました。この本があったことと、この本に巡り合えたことに、私はキリスト教信者ではないけれどもうれしかったです。
◆56歳・女性/写真が多くパパ様を知るために大変よかったです。パパ様のお心を改めて知ることが数々できまました。
◆61歳・男性/24年前になりましたね。写真の中にゼノ修道士や相馬司教の姿を見て、なつかしく思いました。
◆82歳・女性/すごく面白く近年になく心が弾み、一気に読んだ。後楽園球場に行ったことを思い出してなつかしかった。
◆43歳・女性/公式記録、メッセージなども購入し、この本を読むと一層教皇様の魅了が増しました。当時の記事、雑誌などは入手できない今となっては、準備された方々のご苦労、喜びがよくわかりました。
◆60歳・女性/パパ様が日本に来られた、あの寒かった頃を思い出しました。
◆65歳・女性/教皇様のことがよく理解出来てよかった。
この本と同じテーマの本>>「教皇264代の軌跡」

 <<前のページへ  >>次のページへ   ▲このページのトップへ戻る
コピーライト